自社施工・自社工場 車のへこみ。当店の職人が見過ごしません。

フォレスター 左フロントフェンダーのヘコミ

1464089066718.jpg 1464089116519.jpg 1464089214568.jpg

スバルのフォレスターの凹みです。

この型になってフェンダー部のプレスラインが、普通のシャープな山折のプレスラインではなく、

丸みの帯びたラインになっています。

プレスライン上に深く出来てしまった凹みの場合、

リペアする時に塗装割れや、凹みが出しきれ無い事がありますが、

この形状になってからは、さらに修復しにくくなっています。

塗装を割らない様に細心の注意を払いながら徐々に凹みを直して行きますが、

凹みの部位が硬く、塗装面がこれ以上傷んでしまわないうちに、

この部分は限界と判断して凹みの周りを調整して終わる事にしました。

作業終了後、見た目はヘコミは分からなくなっていますが、

よ〜く見ると塗装面がブツブツとなっている事が見てもらえるとおもいます。

しかし、鈑金すると色が変わってしまうよりは、こちらの方が良いということでお客様には喜んで頂けた様です。

 
 

 

日産 ラフェスタ 右フロントドアの凹み

1463881804350.jpg 1463881831093.jpg 1463902864952.jpg

フロントドアの凹みです。

このラフェスタはマツダからのOEMですので、内装を外す場合基本的にマツダです。

ドアガラスを外して内部のパネルを取るとツールアクセスは文句無し!!

ただ、今回はドアのインナーハンドル(車内からドアを開ける取っ手)部の外し方が 分からない。

(以前に外した覚えはあったのですが)

 急遽知り合いの鈑金屋さんに、電話して教えて貰いました。

悩んだのはそこだけで、後はサクサクとリペア完了しました。

このパターンのドアは中を開けるまでが面倒ですが、

外すと物凄く作業性がいいので以外に好きです。

 

 

 

 

トレジア 右リアドア

1462838439209.jpg 1462838488255.jpg 1462838510557.jpg

基本的なデントです。

ドア上部のガラスの隙間からツールアクセス出来れば、比較的早く直せるのですが、

 凹みがちょうど、ドアのサイドビームの部分に出来てしまっているので、

内張を外して作業になりました。

時々サイドビーム部分に出来た凹みは修理出来ないのかと聞かれますが、

写真の様な状態にすれば、ほとんどの凹みは修復可能です。

マスキングテープ上下の丁度真ん中辺りが、修理した場所です。

 

 

 

スイフト 左リアフェンダー

1462537628670.jpg 1462537653625.jpg 1462539587911.jpg

標準的なデントです。

今年 2回目のご来店です!前回はドアでしたが、今回はリアフェンダーでしたので、内装を外しての作業となりました。

 給油口近くなので、ツールが入らない場合もありますが、この車種は何度もやっているので大体覚えています。(場所によりますが)

 この車の場合は内装を外す為には、リアシートを外し、座面も少し外してから内張を取るという手順です。(ハッチバックは大体この順番で外せます。)

ツールアクセスは結構良い方なので、比較的短時間でリペアできました。 まわりにあと二箇所、デントがあったのですが問題無くリペア完了しました。

当店の取引先の整備士さんの愛車で、何度も私の仕事を見てもらっていて、信用いただいてのご依頼と自負はありますが、プロの目線での仕上がりチェックなので、やはり少し緊張します。 ありがたい事に今回もご満足いただけました!

 

便利?

1462543575483.jpg 1462543590962.jpg 1462543602448.jpg

ホットボックス見てきました。IH的な原理で凹みを直す事が出来ます。 (詳しい理屈はわかりません。)

 凹み部分に直接コードの先端部分を当てて、スイッチを押すだけ!

一瞬で凹みが出てきます!

 しかし、あくまでも凹みを引き出すだけなので、ある程度きれいに直すには、デントリペアの知識と技術が必要になります。

やり過ぎると、塗装が黄色く焦げ、最悪の場合は、塗装が剥げて浮いてしまいます。 大きな凹みや、小さくても深い凹みには対応出来ませんでした。

楽に直せる反面、それなりのリスクもありますが、基本がしっかり出来ていれば、リペアの方法の一つとしてはありだと思います。 ただ当店としては、使用範囲とコストパフォーマンスの点から、暫く購入は…..。

 写真は、わざと失敗した例ですので、参考にはなりません。(お願いして、やり過ぎさせてもらいました)

 

ガラス交換

1462103852595.jpg 1462103868349.jpg 1462103898075.jpg

ガラスが割れています。 飛石が原因で割れてしまったみたいです。

 こうなると、リペアは出来ません。 ガラス屋さんに来てもらって、交換してもらいました。 飛石の段階でガラスリペアで直してしまえば、割れなかったかもしれませんが、気がつけばヒビから、割れに発展してしまったようです。

しかし今回はフロントガラスの端の方なので、走行中ガラス自体に僅かな捻りが加わる為、リペアしても割れる事があると、ガラス屋さんが話してくれました。 ガラス交換は必然だったのかも知れません。

 

ボンネットの突き出し 凸

1461075232585.jpg 1461075251966.jpg 1461075285016.jpg

時々あります。 工具等を置き忘れて閉めてしまったりした時に、内側から山の様に突き出した逆デントです。

 突き出したデントも裏から見れば凹みなので、当然リペア可能です。 ただし、一度凸を凹みに戻す必要があるので作業工程は一つ増えます。 軽い凸なら場合によっては、表からポンチでノックダウンするだけで、直る時もありますが、今回は一度凹みにして、その後、押し出す必要がありました。 塗装が割れる程、突き出している場合は凸が残る時もあります。

 凹み跡は指先からすこし右側です。

 

浜松へ

1461925860739.jpg 1461925876759.jpg 1461930179739.jpg

先日、デントジャパンから、スクールの委託をされている、オートガーデン浜松さんへ行ってきました。

電話等では、何度も連絡を取ったりしていたのですが、お会いするのは今回が初めてでした。 今までの印象通りの真面目で誠実な方で、前日に突然連絡したにもかかわらず、歓迎して頂きました!

いろいろ情報交換等をし、有意義な時間を過ごせました! お忙しい中、本当にありがとうございました!!

 

フェアレディZ右リアフェンダーの凹み

1461072829986.jpg 1461073183337.jpg 1461073198398.jpg

Z33です。 この車のリアフェンダーのリペアは結構苦労します。

 ツールを入れるには、まず内装を外す必要があります。(写真の感じです。) ここまで外してもツールをアクセス出来る場所は限られているので、場合によっては修理不可となる事もあります。

 勿論、凹み表面からの引き出し作業も可能ですが、今回は凹みが深いため、きれいに直すには、どうしても押し出す必要がありました。 幸い内装を外すと限られた場所からですが、ツールアクセス出来た為、何とかリペア出来ました!!

 車種や場所によって、リペア出来るかどうか分からない場合も多いのですが、気になったら、まずはお気軽にお問合せ下さい。

 

ステップワゴン 左リアフェンダー内の構造

1458299848332.jpg 1458304928988.jpg 1458304944931.jpg

今回もデントの修理前後の話ではありません。

ホンダのステップワゴン(現行RP1型)の左リアフェンダーです。 凹みの修理は完了しています。 給油口近くのリペアのお問い合わせはよくいただくのですが、修理可能かどうかの返事が難しい場所の1つです。

フェンダーの内張を剥したその裏側が一枚目の写真です。 表から見るとフィラーリッド(給油口の蓋、この車種の場合はただの四角いパネルです)の廻りは何も無い様に見えますが、裏側にはこんな箱が付いてます。(黄色いマスキングテープが貼ってある所)

これがなかなか曲者で、この箱の廻りは外鈑とピッタリくっついているためツールが入りません。(ギリギリまで入る極薄ツールもありますが) 車種によって、この箱の大きさや形状が様々なので、給油口の廻りは表から見ただけでは、リペア出来るかどうか判別するのは困難な場合が多々あります。 その場合は内張りを外して確認する 以外に方法は無いのですが・・・。

 ちなみに、このての1BOX車は給油口のあるパネルの反対側(この車種は右リアフェンダー)にはリアのクーラーユニットがあるため、どちらも見た目ではお返事しにくいです。 デントツールさえ入れば、 何も問題ありません。 後は腕次第です!!!(凹みの状態によりますが)

 
HOME
出張お見積り

奈良県奈良市朱雀1丁目7-11
TEL 0742-71-0636
受付時間 10:00~18:00(不定休)

ご来店の際は事前にお電話かメールにてご連絡下さいます様宜しくお願いします。

ブログ新着

しばらくお待ちください。