自社施工・自社工場 車のへこみ。当店の職人が見過ごしません。

CX-5 右フロントフェンダーの大きな凹み

1492945015546.jpg 1492945133992.jpg 1492945167477.jpg

久々に大きな凹みです。鈑金屋さんによってはパネル交換?になるかも。 お客様には少し歪が残るかもしれないとお伝えしてリペアしました。 ボディ色が黒い為、廻りの景色の映り込みもハッキリするので、シビアな仕上げが求められます。 作業時間を取りあえず3時間程度見て頂いて、ジックリ作業しました。 今回のリペアの最大の問題は、凹みの上部の張れている部分です。 この部分がどうなるかが、仕上げに影響します。 最悪、塗装が割れる可能性もありましたが、何とか割れずに張れを戻す事が出来、無事にリペア終了です。 大きな凹みなので、よく見ると塗装肌の粗さが少し残ってしまいましたが、普通に見る分には、分からない程度です。 鈑金塗装よりも安価で修理出来たので、お客様には喜んで頂けた様です。

レンジローバー 右リアドアの凹み

1491559419490.jpg 1491559449815.jpg 1491559468159.jpg

いつもお世話になっている社長さまのお車です。 少し深く凹んでいますが、りっぱにデントリペアの範囲です。 凹みがドアの下方側なので、必然的に内装を外しての作業になります。 やはり輸入車なので鋼鈑はやや硬めでしたが、ツールアクセスが良かった為、思ったよりもスムーズに修理出来ました。 当初、残るかもと思った中心部の凹みも、ほぼ残る事なく、最終的にはスッキリ、修復出来ました。 ローバーはあまりやった事はないのですが、今回は全く問題なくリペア完了しました!! 凹みスッキリ! 私もスッキリ!! お客様もスッキリ!!! で笑顔になれました。

BMW7シリーズ 左リアドアの凹み(少し深い凹み)

1488533467294.jpg 1488533513959.jpg 1488533533894.jpg

大きさは5センチ程度ですが、鋭く突いた凹みです。 お客様には、現車を見せて頂いた時点で完全に凹みを消す事は出来ず、少し凹みが残る事を了解して頂いて作業開始しました。 ガラスの隙間からツールを入れても、うまくアクセスする事が出来なかったので、取りあえず内張りを外す事に。 何とかツールが入る部分を確保して作業開始です。 お客様には、「凹みの深い部分が残る」と説明しましたが、少しでも残らない様にと出来る限り頑張りました。 しかし、やはり中心部分の凹みが鋭く、残ってしまいました。 少しでも目立たなくなる様に周りを調整して、リペア終了です。 完成後、お客様は「もっと酷く残ってしまう」と思ってらしたらしく、「ここまで直れば全然いい」と満足して頂けました。 あと少し浅ければ、跡形も無く消えた凹みだったのですが…..。 お客様には、とても喜んで頂けたので、これを励みに、これからも頑張ります!

ランドクルーザー 左リアフェンダーの凹み

1490622431946.jpg 1490747201231.jpg 1490854836449.jpg

凹みが深く、凹み下側のプレスラインも少し曲がっています。 お客様の知り合いの業者様が、凹みの裏側を見た所、内張りを外せば手が入り凹み裏も触れるという事だったので、そのまま作業となりました。 過去にもプラドは何度もやっていますが、サードシートが電動のものは初めてばらしました。 そこそこ手間が掛かりましたが、無事に脱着!! 後はリペアに専念します。 このクラスになると、鋼板が厚く、しかも、今回はプレスラインに掛かっているので、通常よりも大きい力で押さないと凹みが出てきません。 それでもプレスラインを少しずつ修復し、凹みを修正する事ができました。 しかし、よく見るとわかる程度の歪みが残ってしまう結果となってしまいました。 お客様には、残った歪みを確認してもらえる様に見てもらい説明しましたが、満足していただけた様です。 お知り合いの業者様で修理の相談をされた時は、鈑金塗装を勧められたとの事でしたが、鈑金塗装、再コーティング代がなかなか高かったらしく、他の方法を探していた所、デントジャパンのホームページから当店を知って頂いたようです。 完璧!!100%のリペア!!! と言うのは限界もあり難しいのですが、諦めることなく、更なる限界突破を目指していきたいと思います。

デントツール

1490601584127.jpg 1490601594912.jpg 1490601614895.jpg

先日 出張作業中に、ポンチ(高く張れている部分を叩いて凹ますツールです)を使おうとして、無い事に気づきました!∑(°口°๑) 「あれっ?」と思いツールボックス、ツールバックの中を探しても見つから無い(¯―¯٥) その日は朝からご来店の作業があったので、「店に忘れたか?」と思い、その場は別のポンチを使いしのいだのですが、帰ってから探してもやはり見つかりません。まさかとは思ったのですがお客様に連絡して探してもらったところ、お客様の車に忘れていました。(TОT) 後部座席の隅に入り込んでいたようです。 このポンチ自体は、べつに高額でもなく、手に入らない物でもなく、別の物で新しく買えばいい物なのですが、私がこの仕事を始めたときから18年間、ずっと使っていた物だったので思い入れの強い道具のひとつです。 無くなると、胸に穴が空いた様な感じがしてしまいました。 お客様には迷惑か?とも思ったのですが、どうしても諦められないのでまず電話をしてみました。「探してみます」とお返事をいただき一旦電話を切りました。 スグに「ありました!」という連絡が! 次の日に取りに行くお約束をさせて頂いて無事にポンチは手元に戻ってきました(T▽T) 「そんなに大事なら無くすな!!」と言われればその通りなのですが…(¯―¯٥) 作業や予定に追われつい、何度となくツールや工具を無くしています。見つかる事は稀ですが…。 見つけて下さったお客様にはご迷惑おかけしましたが、とても感謝しています。

デリカD-5左スライドドアの凹み

1489284273943.jpg 1490139871680.png 1490223967591.png

ポールの様な物を巻き込んでしまった凹みです。 画像では写し切れませんでしたが、アウターハンドルの真後ろまで凹んでいる、広範囲に及ぶ凹みで、ドアの下の部分も凹んでいました。(コチラは画像ありません。) 今回は広範囲の修理なので、半日程お預りしての作業になりました。 アウターハンドルの廻りは表側からは分かりませんが、裏側に黒い枠の様な部品が付いています。 メーカーごとに多少の違いはありますが、基本的には同じなので、余り苦労せず外す事が出来ました。 この部品を外さないとリペア出来ませんので、脱着は必然になります。 ココさえ外してしまえば、後はいつも通りに作業開始です。 ハンドルの際の凹み、プレスラインの上下の凹みが全て複雑に影響していますので、全体を少しずつ丁寧に紐解いていきます。 その後、細部を調整してバランスを考えて仕上げです。 それでも、少し歪が残ってしまいましたが、お客様には大変満足して頂けた様で何よりです。 言葉で説明すると簡単なのですが、理屈と実践では、なかなか思う様に行かないので苦労したリペアでした。

クラウン 左リアドアの凹み

1487852510350.jpg 1487852542217.jpg 1487852617311.jpg

この型のプレスライン、実はかなり堅いです。 通常ならガラスの隙間からリペア出来るのですが、ここまで凹むと普通に押し出そうとしてもなかなか出せません。 ツールを入れるのに必要な部品を外して開始しました。 硬い部分なので少しずつ出して行かないと、塗装が割れてしまうので、ヒートガンで塗装を温めながら、慎重にリペアしていきます。(温めても割れるときは割れます。) 凹み自体も通常のツールではビクともしない為、少し大きめのツールで通常よりも、大きな力を掛けてリペアし始め、粗だししてから細部のリペアという手順で修理します。 思ったよりも時間が掛かってしまいましたが、何とかリペア完了です。

BMW320 左リアドアの薄い凹み

1488585972524.png 1488585986025.png 1488586020173.jpg

凹み自体は浅いのですが、範囲が少し広く、(写真よりも実際はもう少し大きいのですが、うまく写りませんでした)凹みの上部が微妙にはれています。 このような凹みは気にされない方も多いのですが、デントリペアでと当店に来られるお客様にとっては、非常に気になる凹みです。 幸い内装を外さなくても、ツールがダイレクトに入ったので凹みの修復のみに集中する事が出来ました。 小さくても繊細なデントでした。 一時間半程の作業時間を見ていたのですが、結局、倍程度掛かりました。 完璧!とはいきませんがお客様には、大変満足して頂け無事終了です。

ボルボ S60左フロントドアの深い凹み

1486291931591.jpg 1486292018048.jpg 1486292074971.jpg

業者様からのご依頼です。 凹みとしては標準ですが、鋭く突いた様な凹みです。 当初は凹みの中心部が、リペア後、飛石の様に修理跡として残ってしまう可能性もあった為、その旨を了解して頂いて作業を開始しました。 しかし思ったよりも、結構スッキリ修復出来ました!!! 今回は内装等の部品を外す事なく短時間でリペア完了です。 凹み場所を知っていても、まず分からないレベルまでに修復出来ました。 ボルボの外鈑は以外とコチラの思う様に動いてくれる為、リペアしやすいのですが、今回は想像以上に仕上がりました。 (凹んでいる場所にも寄りますが…。) 輸入車は国産車と比べると直しにくい事が多いのですが、ボルボは別格です。 (あくまで私見ですが) ただ、内装のバラシは他車同様にやり難いです。

フィアット500 右リアフェンダーの凹み

1485342525726.jpg 1485342535072.jpg 1485342585602.jpg

基本的な凹みです。 ツールが入れば何も問題なくリペア可能です。 ただ、内装を外さないとリペア出来ません。 リアシートの左座席を取外し、右座席を取る構造で、その後内張りという順で外せました。 内張りの材質が比較的硬く、気温が低い時は割れるかもという感じでしたが、無事取り外しに成功。 後は普段通りのリペアで終了です。 今迄触った事の無い車種が入って来ると毎回 ドキドキしますが、一つ一つが経験なので逆にワクワクする事も事実です。 色々考えて成功した時の達成感は、昔から変わらず楽しいと思えます。(たまに、泣きそう時もありますが…。)

2 / 1312345...10...最後 »