自社施工・自社工場 車のへこみ。当店の職人が見過ごしません。

修理跡が残った凹み

BMW7シリーズ 左リアドアの凹み(少し深い凹み)

1488533467294.jpg 1488533513959.jpg 1488533533894.jpg

大きさは5センチ程度ですが、鋭く突いた凹みです。 お客様には、現車を見せて頂いた時点で完全に凹みを消す事は出来ず、少し凹みが残る事を了解して頂いて作業開始しました。 ガラスの隙間からツールを入れても、うまくアクセスする事が出来なかったので、取りあえず内張りを外す事に。 何とかツールが入る部分を確保して作業開始です。 お客様には、「凹みの深い部分が残る」と説明しましたが、少しでも残らない様にと出来る限り頑張りました。 しかし、やはり中心部分の凹みが鋭く、残ってしまいました。 少しでも目立たなくなる様に周りを調整して、リペア終了です。 完成後、お客様は「もっと酷く残ってしまう」と思ってらしたらしく、「ここまで直れば全然いい」と満足して頂けました。 あと少し浅ければ、跡形も無く消えた凹みだったのですが…..。 お客様には、とても喜んで頂けたので、これを励みに、これからも頑張ります!

ランドクルーザー 左リアフェンダーの凹み

1490622431946.jpg 1490747201231.jpg 1490854836449.jpg

凹みが深く、凹み下側のプレスラインも少し曲がっています。 お客様の知り合いの業者様が、凹みの裏側を見た所、内張りを外せば手が入り凹み裏も触れるという事だったので、そのまま作業となりました。 過去にもプラドは何度もやっていますが、サードシートが電動のものは初めてばらしました。 そこそこ手間が掛かりましたが、無事に脱着!! 後はリペアに専念します。 このクラスになると、鋼板が厚く、しかも、今回はプレスラインに掛かっているので、通常よりも大きい力で押さないと凹みが出てきません。 それでもプレスラインを少しずつ修復し、凹みを修正する事ができました。 しかし、よく見るとわかる程度の歪みが残ってしまう結果となってしまいました。 お客様には、残った歪みを確認してもらえる様に見てもらい説明しましたが、満足していただけた様です。 お知り合いの業者様で修理の相談をされた時は、鈑金塗装を勧められたとの事でしたが、鈑金塗装、再コーティング代がなかなか高かったらしく、他の方法を探していた所、デントジャパンのホームページから当店を知って頂いたようです。 完璧!!100%のリペア!!! と言うのは限界もあり難しいのですが、諦めることなく、更なる限界突破を目指していきたいと思います。

デリカD-5左スライドドアの凹み

1489284273943.jpg 1490139871680.png 1490223967591.png

ポールの様な物を巻き込んでしまった凹みです。 画像では写し切れませんでしたが、アウターハンドルの真後ろまで凹んでいる、広範囲に及ぶ凹みで、ドアの下の部分も凹んでいました。(コチラは画像ありません。) 今回は広範囲の修理なので、半日程お預りしての作業になりました。 アウターハンドルの廻りは表側からは分かりませんが、裏側に黒い枠の様な部品が付いています。 メーカーごとに多少の違いはありますが、基本的には同じなので、余り苦労せず外す事が出来ました。 この部品を外さないとリペア出来ませんので、脱着は必然になります。 ココさえ外してしまえば、後はいつも通りに作業開始です。 ハンドルの際の凹み、プレスラインの上下の凹みが全て複雑に影響していますので、全体を少しずつ丁寧に紐解いていきます。 その後、細部を調整してバランスを考えて仕上げです。 それでも、少し歪が残ってしまいましたが、お客様には大変満足して頂けた様で何よりです。 言葉で説明すると簡単なのですが、理屈と実践では、なかなか思う様に行かないので苦労したリペアでした。

20型プリウス 左リアドアの凹み

1481187983057.jpg 1481188078601.jpg 1481188183672.jpg

限界を超えています。 ドア上部から下部まで凹んでいて、キズもあります。 通常はドア交換で鈑金修理です。 ドア下部分とリアフェンダーはダメージが酷く、塗装も割れていた為、デントリペアでの修理は出来ません。 しかし、お客様はドアの上側の凹みと張れが気になるようで、下部とリアフェンダーは余り気にしていない、1番目立つ所だけでも直れば良いと言われたので、それならとお任せいただける事になりました。 全体を「分からない」と言える位に修復する事は無理ですので、上側の凹みに集中します。 ただ、ドア下部も触らないと凹みは出ませんので、持っている知識と技術を総動員してリペアしました。 残念ながら、ドア下までは、リペアしきれませんでした。 少しでも、何とかと思い、出来る限りの事はやったつもりですが、これ以上は断念しました。 お客様の感想を心配しつつ、仕上がりを確認して頂きました。 お客様の予想以上に直っていた様で、とても喜んで頂けた様です。 キズ部分や、塗装が割れた部分はリペアの待ち時間に、お客様がタッチペンを買って来られていたので、塗っておきました。 ドア全体におよぶ凹みは、基本的にリペア出来ませんが、私が出来ると事と、お客様の希望が合えば、最大限出来る事はさせて頂きます。 諦めずに、一度お問合せ下さい。

フリード 左フロントドアの凹み

1478261257226.jpg 1478261271725.jpg 1478261295144.jpg

深い凹みです。

中心部にキズがあるので、このキズ自体はリペア出来ません。(キズを直すには塗装が必要になります。)

 しかし、凹みを直すだけでも結構目立たなくなりますので、お客様に「凹みだけ直して!」と言われる事が大変多いです。 今回も例外なくそのパターンです。

 内装を外して、硝子の隙間とドア内側からの両方から少しずつリペアしていきます。

 キズは残ってしまいますが、凹みがあったとは分からない位まで修復できました。

 凹みが無くなるだけでも、随分印象が変わると思います。

 鈑金塗装する前に一度ご相談下さい。

相談、見積りは無料です。

 

 

 

ルミオン 右リアフェンダーのデントリペア

1472379204658.jpg 1472379316208.jpg 1472379331838.jpg

他県からのお客様です。 

小さいですが、深い凹みです。 

しかもプレスライン上が、ガッツリへこんでいます。

 タイヤハウス廻りのプレスラインが凹んでいる場合は、鋭く凹んでいる事が多い為、

お問合せがあっても、なかなか「大丈夫です。」とはお応えできません。

今回も、お客様からは「小さな凹みなので」というお話でしたが、

小さくても凹みが深い場合は塗装が割れる、もしくは塗装面が荒れる可能性がある事をお伝えしていました。

(この時点では凹みは見ていませんでしたので)

しばらく考えて頂いて、後日連絡を頂きご来店して頂けることになりました。                                    結果はやはりリペアは可能ですが、塗装が割れる可能性もあるという事も承諾して頂いての作業となりました。                内装を外してから、作業開始です。      

 凹みが深いため塗装を割らないように慎重に修復していきます。

幸いツールアクセスは良かったので何とかリペア終了です。

ただ、凹みの一番深い部分が少し残ってしまいました。(薄いキズ程度ですが)

ここを無理に直そうとすると塗装が割れてしまいますのでこれ以上は断念しました。                             お客様にも、もし塗装が割れた場合は一部タッチアップして頂く事でお話していたのですが、

このままの方が見た目もほとんど分からないのでと、喜んで頂けた様です。

 

 

 

プジョー407 バンパー

1465473905284.jpg 1465473931730.jpg 1465473963298.jpg

深い凹みはどうしても跡が残ってしまいます。

でもある程度は直せます!

お客様の修理に対する希望をお聞きして、
適切な修理方法を提案することも
私の大切な仕事です<(_ _)>
 

 

深すぎた凹み

 

 1464519398452.jpg

時々この様な仕事がやってきます。

大きさは標準的で小さい凹みですが、その割に深さが。。

デントリペアで修復出来る限界を超えています。

デントリペアで直す場合、凹みの範囲(大きさ)と深さは比例しますので、

深い凹みでも大きい場合は何とかリペアできます。

しかし小さい凹みで、しかも深い場合は凹みの範囲に対して鉄板の伸び率がどうしても問題になります。

今回はこの限界でした。

しかもパネル際のため、場所的に硬い部分になってさらに修復を難しくしています。

 

お客様にはまず、上記の理由で修復が難しいと説明して、

近づいて見た時にブツブツとした感じが残ると伝えました。

しかし、鈑金すると10万程度かかるとの事で、

離れて見て分からない程度なら良いと言う事で、今回リペアさせていただくことになりました。

 

結果は写真の様になりました。

毎回リペアする時には、誰が見ても分からない状態を目指しています。

ですから今回のような跡が残る場合、基本的には鈑金を薦めます。

とはいえ、値段がネックになる事はしばしばあります。

鈑金塗装は大きさにかかわらず、時間と手間、それと職人さんの腕により結構な価格になります。

(特に仕上りを重視する場合は) 鈑金塗装かデントリペアか悩む所です。

時々この様な凹みでの相談がありますが、最終的に決定されるのはお客様自身です。

当然仕事ですので、当店でリペアして頂ければ有難いですが、

自分がお客さんだったらと考えた場合、やはり、お客様が一番納得して頂ける様に

修理方法を考えて行きたいと思い日々考えています。

自分の車をどうしたいのか、最後に決めて頂くのはお客様自身です。

そして決められるように、納得がいくまで説明させてもらうのが当店の仕事でもあります。

今回はオーナー様ではなく、奥様が代理で車をお持ちいただきましたので

ご主人さまの感想もお聞きしたく、ご迷惑かと思いつつも後日に電話でお話させていただきました。

ご夫婦ともにOKをいただけましたので、少し気が休まりました。

 

 

 

 

 

 

モコ右リアフェンダーの凹み

DSC_1392.JPG DSC_1394.JPG DSC_1398.JPG

デントリペアのツールは文句無しに入るのですが、

凹み方が悪くバッチリ‼とはいきませんでした。

 特にリアゲート側のパネル際が見た目よりも深く折れ込んでいて、凹み部分の鉄板も限界近くまで伸びていたため、何度も調整を繰り返して全体のバランスを整えましたが、どうしても少し歪みが残ってしまいました(T_T)

 

ルーフの凹み?(ひねり?)修理

DSC_1476.JPG DSC_1481.JPG DSC_1480.JPG

ルーフアンテナを引っ掛けて、ひどく折れた感じです。

アンテナ本体は砕けていました。

 アンテナのコードがこの穴から車内に入るですが、穴の形状がかなり変形していますので、このままでは新しいアンテナを取り付けても、浮いてしまい隙間が出来、雨漏りの原因になります。 通常この場合は鈑金で修理してアンテナの取り付け、もしくは、ある程度、修理工場でならして見てくれよりも、雨漏りをしない事を第一にの修理になります。

年に数回依頼があります。

損傷の程度に依りますが、多少の歪みが残る場合があります。

 しかもダイハツ車の場合 天井の内張りが糊で貼り付けてあり、外す事が出来ません。内装のシワや折れ跡が出来るので、通常内張りを外す時は、交換になります。(部品代と交換工賃が結構掛かります。)

今回はお客様と相談の上、交換無しで作業しました。

出来る限り、はれや凹みが残らない様に、しかも雨漏りの無い様に直していきました。

 微妙な歪みは残りましたが、修理した部分を指摘して説明し、よく見なければ分からない程度には修復出来ました。

 お客様には大変満足して頂けた様です。

少し前まではドアの鍵穴など、イタズラや盗難の際に出来たこの手の修理が時々ありましたが、最近では減っていてホッとしていましたが、新しい装備の副産物ですかね~?

 

 

 
1 / 3123