1504089826929.png 1504090014105.jpg 1504090061283.jpg

今回はデントリペアの基本ではありません。 キッチリ直すには鈑金塗装がよいのですが、お客様のご希望で施工しました。 車両保険にも入っていらしたのですが、 この位で使うには勿体無いので、ある程度直れば、という事です。 しかし、プレスラインがひどく潰れていて(黄線内の部分)、非常に硬いため、この部分が戻るかどうかでリペア出来るかどうか決まります。 内張りを外し、内部を確認すると、凹みの裏側は直すのに邪魔をする物は何も無かったので、修理出来る可能性が高かったのでお引受けすることにしました。 いざ作業を始めると想像していたよりも硬く、一瞬ダメかもと思いましたが、気を取り直して、塗装を割らないように、半ば強引に、でも慎重に押し出します。 凹んでいる所と、張りだして膨らんでいる所を、少しずつ元の形状になる様に整えいきます。 凹みが広範囲で一部戻せない部分もあるので、少し荒い肌にはなりますが、見た目にはおかしくない程度に戻せました。 お客様にも仕上りを説明しながら、直った部分、戻せなかった部分をジックリ見ていただきました。 それでも大変喜んで頂けた様でコチラも嬉しいかぎりです。 最後の写真は、肌の粗さが見て貰えるように、ライトをあてて撮っています。 ナンバープレート上のガーニッシュ(カバー)は作業に邪魔になるので取り外しています。