1490622431946.jpg 1490747201231.jpg 1490854836449.jpg

凹みが深く、凹み下側のプレスラインも少し曲がっています。 お客様の知り合いの業者様が、凹みの裏側を見た所、内張りを外せば手が入り凹み裏も触れるという事だったので、そのまま作業となりました。 過去にもプラドは何度もやっていますが、サードシートが電動のものは初めてばらしました。 そこそこ手間が掛かりましたが、無事に脱着!! 後はリペアに専念します。 このクラスになると、鋼板が厚く、しかも、今回はプレスラインに掛かっているので、通常よりも大きい力で押さないと凹みが出てきません。 それでもプレスラインを少しずつ修復し、凹みを修正する事ができました。 しかし、よく見るとわかる程度の歪みが残ってしまう結果となってしまいました。 お客様には、残った歪みを確認してもらえる様に見てもらい説明しましたが、満足していただけた様です。 お知り合いの業者様で修理の相談をされた時は、鈑金塗装を勧められたとの事でしたが、鈑金塗装、再コーティング代がなかなか高かったらしく、他の方法を探していた所、デントジャパンのホームページから当店を知って頂いたようです。 完璧!!100%のリペア!!! と言うのは限界もあり難しいのですが、諦めることなく、更なる限界突破を目指していきたいと思います。